スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桐野夏生『OUT』

直木賞系を読もう第二弾。これを選んだのはある人に強力に勧められたのと、文庫版の解説をあの松浦理英子が書いてるからだ。松浦理英子は僕が最も好きな小説家の一人で著作は全部読んでいる。たまらなく好きなのにとても寡作なので、たとえ解説であっても読んでみたいというのがファン心理というものだ。それに彼女が推すのだから面白くないわけがない。
そして期待にたがわず『OUT』はかなり面白かった。まず物語の構築の仕方がとても巧い。僕は小説は物語を利用するが物語そのものではないという立場をとっているので、いくら物語が面白くても文体に魅力がないとシラケることが多いのだが、ここまでやられるとあっぱれとしかいいようがない。それくらい物語るのが巧い。いや物語とは定型であってパターンが決まっているものだが、この小説の物語はやや定型を逸脱している。そういう意味でも興味深い。あと文体に変な欲がないのも好感が持てる。主人公と同じで基本ストイックだ。ただ、佐竹という男の濡れ場の描写には過剰なものを感じる。ふと中上健次の小説を思い出した。 何故だろう。

スポンサーサイト

コメント

 せっかくなんで調子に乗って。OUThsぼくも読んだんですよ。でもこんな囃子をしても貴方の方には!なんで今度、あの悪名な今日本でやってるサッカー大会のことを書いてくださることをお願いします。OUTは照ればが一番よっかた音響より