スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桐野夏生『顔に降りかかる雨』

桐野夏生、二冊目。『OUT』が面白かったのでとりあえず初期作品から読んでみようかなと。しかし正直言って少々物足りなかった。
ミステリーや探偵ものはジャンル自体の自己規定が強い。例えば語りは一人称、くどい描写はしない、時間の推移は直線的など。この作品はこれらの自己規定の枠の中に収まっているだけで枠自体を利用するところまでいっていないような気がして退屈だった。物語的にも文体的にも。もちろん作者はそんなこと百も承知であえてなのだろうけど。
あと主人公の魅力が『OUT』の雅子に遠く及ばないのも残念だった。シリーズ化されているらしいので今後に期待したい。
文句ばかりあげつらってしまった。でもこれは桐野夏生に対する期待値が高すぎる故だと思ってください。それくらいOUTはよかった。
この作品も作りはとても丁寧なので、普段あまり小説を読まない人には確かに親切かもしれないですね。

スポンサーサイト

コメント