スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桐野夏生『柔らかな頬』

桐野夏生、三冊目。ネタばれの可能性もあるので読む人は注意してください。
これが吃驚するほど面白かった。いやホントに。
冒頭、主人公カスミの不倫のシーンから始まった時はやや心配だった。不倫モノはだいたいナルシスティックな悲劇に終始しがちで、そういう紋切り型は正直楽しめない。ところがこの作品は娘の誘拐事件が起きるあたりから物語が少しづつズレはじめる。そう、この小説はこのズレというものをとても巧みに利用しているのだ(読者の期待や物語の定型が少しづつ裏切られていく。このあたりの狡猾さは阿部和重に似ていなくもない)。その後も娘の誘拐事件の謎を追うのかと思いきや、追うことは追うのだが末期癌に侵された元警官という二人目の主人公の登場などによってここでも巧みに物語はずらされ、結局、肝心の誘拐事件の真相は明らかにならないまま終わってしまう。確かに物語の核心を明さないまま終わる小説は今までにもあった。核心を語らないことによって際立たせる、いわゆる黙説法という技法だ。ちなみに僕はこの黙説法があまり好きでない。何故なら作者だけが全てを知りうるという作者と読者との間にある権力構造をモロに利用した安易な技法といえるからだ。しかし、この作品は読了後に本来語らないことによって際立たっていなければならない事件の真相というものがほとんど気にならない。どうでもよいとさえ感じる。これはなかなか凄いことだ。よほど巧みにズレを構築しているのだと思う。もちろん作中には幾つかの真相が芥川龍之介の『藪の中』の形式で提示されていて、それがうまく作用しているのかも知れないが。
そして三冊目にしてだんだん桐野夏生のパターンがわかってきたのも楽しかった。まず主人公は中流階級の孤独な女で人には語りたくない過去がある。次に、最初は反目・敵対しあっているがのちに最良の理解者になりうる男(運命の人)が出てくる。そしてその男は最終的に死、もしくは社会的な死によって主人公の前から姿を消す。男の恋人もしくは妻として放浪型の主人公と対照的な定住型の女が出てくる。などなど。こういう風に書いてしまうとみもふたもないのだけど、今後の作品でこのパターンをどうなぞり、どう裏切ってくれるのか今から楽しみだ。
ちなみに今作「これ、最後に主人公と警官がやっちまったらちょっと駄作だな」とハラハラしながら読んだのだけれど、危ういながらも最終的に良い着地点を見つけたと思う。内海という警官を身体的な弱者(末期癌による)に設定したのは秀逸だった。この設定によりフェミニズムの観点からもマッチョな性交シーンを回避できたのだと思う。絶対的な運命の人が登場する点も含めて松浦理英子が好きになるのも頷ける。
あと主人公カスミが海や湖など水を恐れる点に言及しておきたい。そういえば『顔に降りかかる雨』において主人公の親友は水死し、霧や雨などは不吉な暗示だった。どうやら桐野作品において水は重要なキーワード、しかもあまり良い印象ではないようだ。そう考えると「内海」という名前はあまりにも意味ありげに感じる。そこにどんな作為が働いているのか今のところはわからないのだけど。
そのうちもう一度読み返してみようと思う。


スポンサーサイト

コメント

たぶん関係ないと思うけど、「内海」という名前の「警官」と聞いて「CAT'S EYE」が思い浮かんだ。あれは刑事やけど。。

  • カゲロー
  • 2006/12/22 23:53

久しぶり。帰ってきてるねん。ちょっと連絡くれ。メアド新しいから。

  • まつおか
  • 2006/12/29 13:03