スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桐野夏生『グロテスク』

桐野夏生の最高傑作と評判に違わぬ作品だった。東電OL殺人事件やオウム真理教、はたまた外国人の犯罪など時事ネタをふんだんに盛り込みながらも、けして題材に寄りかかることなく馬鹿の一つ覚えの解釈で申し訳ないが絶えずズレを生み出しながら小説として成立させていく手腕は流石だ。
さて以前ここで指摘した桐野夏生のパターンというものがあったがそれにこの作品にあてはめてみると、運命の男はチャンであり、チャンに対になるのは他の誰でもない和恵だ。二人が最後に他人には理解できないあろう深い繋がり(精神的にも肉体的にも)を得るのもこれまでの作品と同様だ。つまりこの小説の主人公はやはり和恵というのが僕の結論である。そして語り手を本来の主人公の和恵でなくその友人、和恵の憧れた完璧な美を持つユリコの凡庸な姉に設定することにより巧みに批評性を確保しているといえばいいすぎだろうか。例えば今までの作品では運命の男の描写がややもすれば美化されてきた。しかしこの作品においては確かに和恵の日記の中ではこれまで通り美化・悲劇化されているが、語り手の視点では不細工な小悪党として糞味噌に貶されていて笑える。そしてこの笑いにこそ『グロテスク』の面白みが集約されているといえるのではないだろうか。

スポンサーサイト

コメント