スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

G.K.チェスタトン『ブラウン神父の童心』

僕は推理小説をあまり読んでこなかった。何故なら推理小説では言葉があくまで物語る道具として使われている場合が多くて物足りないからだ。言葉と言葉の横の繋がりが希薄というか。もちろん例外はあるだろうけど。でも食わず嫌いはよくないのでとりあえず古典から読もうと思い手始めにチェスタトンの『ブラウン神父の童心』から読んでみたのだが、これがなかなか面白かった。ちびで間抜けそうな神父が実は切れ者で名推理を展開するというパターンはありがちだが、そう感じるのは後の作家が積極的にこの形式を模倣したからだろう。凡庸な推理で主役を引き立てるワトソン君的登場人物もちゃんと出てくるし、今ある推理モノの原型はこの頃にはすっかり確立されていたのだなあと実感した。
さて、何と言ってもこの小説の魅力はあちこちにチェスタトンの文学や思想の知識が散りばめられている点だと思う。場合によっては事件の内容やトリックよりもそっちの方が面白いことがしばしばだ。本格的なインテリが推理小説を書くとこうなるのか。面白いじゃないですか。

スポンサーサイト

コメント