スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桐野夏生『天使に見捨てられた夜』

ネタバレ注意かも知れませんのでお気をつけて。
リーダブルな小説を読みたくなったので久しぶりに桐野夏生を読む。私立探偵・村野ミロが活躍するミロシリーズの二作目。一作目がいまいちだったので乗り気しなかったのだが、桐野夏生に精通する人物から三作目の『ダーク』が物凄く面白いと聞いたので読むことに。
感想としては一作目より断然面白かった。理由はいろいろあるがやはり主人公のミロと隣に住む同性愛者のトモさん、仕事上敵対関係にある矢代の三角関係の存在だろう。特にミロが簡単に矢代と寝てしまうくだりは秀逸だ。物語の定型を巧く外してきたと思った。そしてトモさんとの友達以上恋人未満の関係も個人的にはツボだ。
以前ここにも書いた桐野夏生のパターンを当てはめると運命の人物はトモさんと矢代でありお互いを補完しあっていたと思う。だか僕の分析では桐野作品に登場する主人公にとっての運命の人物は最終的に死ぬ、もしくは社会的死を迎えて姿を消すはずなのにこの作品ではそうはならない。だから予言しよう三作目にどちらかが登場し(たぶんトモさんだろうけど)上記のような結果になることを。
いよいよ『ダーク』を読むのが楽しみになってきた。

スポンサーサイト

コメント