スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

青山真治『レイクサイド マーダーケース』

いろいろ一段落したので映画を見たくなった。今上演中の映画にはめぼしいものがないので(来週から公開の『ダージリン急行』は必見)TSUTAYAへ。前から見たかった『レイクサイド マーダーケース』を借りてきた。以下ネタバレ注意です。
一応はミステリーということなのだろうけど、そんなジャンル分けに収まらない要素がたっぷり入った豊かな作品だ。ブラックユーモアあり、ホラーテイストあり。見る人によってはいろいろ盛り込みすぎで消化不良に思えるかもしれないが僕にはそれが楽しかった。最後なんか唖然とする他ないし。
あと触れておかなければならないのは豪華な俳優陣。特に役所広司と薬師丸ひろ子の夫婦の芝居をやたら丹念に撮っている。それがよかった。俳優に賭けた部分が多分にあったのかもしれない。江本明、豊川悦司も不気味で面白かった。
一番好きなシーンは無口な子供たちがぞろぞろ並んで歩くことろ。あれはどう考えても『光る目』だと思う。

スポンサーサイト

コメント