スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桐野夏生『冒険の国』

久しく読んだ小説について書いていなかったので感想おば。
いつもの桐野夏生ですが。

デビュー作以前に書かれた幻の処女作。
桐野夏生自身も後書きで「つたない部分がある」と漏らしていたりするが、そんなことはなく桐野ファンとしてはとても楽しく読めた。
なにより後の桐野作品に共通する要素が既にほぼ出そろっている事に驚く。
例えば、主人公は「おいてきぼりにされた存在」であること。
よくよく考えると『柔らかな頬』、『グロテスク』、『玉萌え』、そしてミロシリーズなども要約すれば「おいてきぼりにされた存在」が戸惑っているだけだといえる。
そしてこの『冒険の国』における戸惑いのパーセンテージの高さは、ハードボイルドやミステリーなどのエンターテイメント的要素が多分に含まれている『顔に降りかかる雨』と比べても明らかだ。
そういう意味でも幻の処女作の呼び声に相応しい作品だといえるのではなないでしょうか。

ちなみに「おいてきぼりにされた存在」云々については『ダーク』を読み返していて気づきました。
以前ここに書いた「語りたくない過去のある女性」の変奏ではありますが。
何故もっと早く気づかなかったんだろう。

JUGEMテーマ:読書


スポンサーサイト

コメント