スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Jリーグ2009 順位予想

JUGEMテーマ:スポーツ
今年もいよいよ開幕が近付いてまいりました。
そこで恒例の順位予想と寸評など。

順位  予想  寸評
 1位 G大阪 複数タイトルへ向け大型補強。
 2位 鹿島  若手成長でスキの無い布陣。
 3位 清水  長谷川体制5年目。そろそろくる。
 4位 浦和  新監督のお手並み拝見。
 5位 FC東   城福体制2年目。ダークホース。   
 6位 川崎  今期はACLに苦しむとみた。
 7位 名古屋 上に同じ。
 8位 京都  台風の目になりそう。           
 9位 神戸  プラスマイナスゼロ。 
10位 大分  定位置に戻るはず。
11位 広島  前半戦は躍進の予感。
12位 千葉  今期は手堅く残留。
13位 柏    期待の助っ人が大怪我。
14位 新潟  層の薄さは相変わらず。
15位 横浜   育成路線は両刃の剣。 
16位 大宮  また方針変更。そろそろ…。
17位 磐田  補強が那須だけとは…。 
18位 山形  戦力的に厳しい上にフロントが…。

優勝争いはG大阪、鹿島、清水、FC東京と予想。
選手層ではG大阪、鹿島が圧倒している。
ACLのない清水とFC東京がどこまで食い込めるか。
浦和は新監督で4バックに挑戦もSBが未知数。
名古屋と川崎はACLを戦うには層が薄い。

台風の目は京都と広島。
京都はパウリーニョが復帰、ディエゴを補強。
やる気を感じる。
広島は降格も監督を代えなかった一貫性を評価。
研究されるまでが勝負。

降格争いは相変わらず僅差。
山形は確定として、危ないのは昨年苦戦も補強のなかった磐田と横浜。
昨年降格争いをした他チーム比べて危機感が感じられない。
大宮は何故か近年こだわっていたポゼッションを諦める模様。
方針がコロコロ変わりすぎだろう。



今年はついでにJ2の昇格争いも予想します。

順位 予想  寸評
 1位 C大阪 あの3トップは反則。
 2位 湘南  J2を熟知した反町監督に期待。
 3位 仙台  助っ人補強にやる気を感じる。

C大阪がぶっちぎりで優勝、2位以下は僅差。
降格組の東京Vと札幌はチーム再編で苦むとみた。





スポンサーサイト

コメント