スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

天皇杯決勝 ガンバ大阪×名古屋グランパス

祝、天皇杯連覇。
いやー、ガンバはいつからこんなに試合巧者なったのか。
昨年の優勝とはまた違う勝ち方で風格すら感じました。
今年も幸先いいです。

前半は完全にガンバのペース。開始早々6分にスローイン→遠藤→ルーカスヒール→遠藤→ルーカススルー→二川→山崎→ルーカスの鮮やかすぎるパス交換で左サイドを攻略して先制。その後も余裕すら感じる試合運び。グランパスにボールを持たせて前でボールを奪ってはカウンターという戦術の幅をみせ、付け入る隙を与えない。と思いきや警戒していたケネディのポスト→サイドに流れた玉田のクロス→ケネディのポスト→中村のヘディングで同点。試合は振り出しに。
後半立ち上がりはネジを巻きなおしてきたグランパスの時間帯。マギヌンの飛び出し、玉田のダイブなどピンチが続く。そこを何とか耐えきり残り15分、ここからが勝負というところでやってくれたのはやはり遠藤。二川のパスを受けて、するすると吉田をかわし、バヤリッツッアをかわし、左足でゴール。ついに本気を出した遠藤の個人技で再び勝ち越す。
後が無くなったグランパスはサントスと巻を投入。しかしここでアンカーの吉村が下がったことにより中盤がスカスカに、逆にガンバは楽になる。象徴的なのは明神がサントスの軽い守備をかわしてボールを運び→二川→遠藤→二川の3点目。この追加点で勝負あり。サントスはあそこでカードをもらってでも明神を止めるべきだった。加地さん→遠藤の4点目はおまけみたいなものだろう。

総括としてはほぼベストメンバーのガンバはこんなに強いんだと惚れぼれした。MVPの遠藤はいうに及ばず、キレキレの二川のエロいトラップ、パスを堪能。明神はケネディへのパスコースを切りまくり、橋本は相変わらずいいところに顔を出す。ルーカスの運動量とキープは必要不可欠、加地さんは見ていて安心、山口と中澤もよく高いラインを保ってケネディをゴール前から遠ざけた。山崎はボールの失い方がよくなかったがチェイスと1点目のアシストは忘れない。安田とチョジェジンはもう少し頑張って欲しかったかな。

一方、敗れたグランパスは試合への入り方が悪すぎたのと、攻撃の引き出しが少なすぎたように思う。ガンバのケネディ対策、高めの最終ラインを攻略できず1点どまり。スピードのある選手でその裏を突くような采配もなかった。というよりはベンチに選手がいなかった。あの展開で不調の小川の代わりに出てくるのがブルザノビッチでは厳しい。

そして最後に松代さん。お疲れ様です。最後の雄姿、目に焼き付けました。

JUGEMテーマ:スポーツ
 

スポンサーサイト

コメント