スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

戯曲について

今回も戯曲について書きます。

早く竹内さんの演出について書きたいのですが、

ものには順序というものがあますので。

さて、ただ今公開中の今回の公演の宣伝動画、

http://www.aqml.jp/blog/1410/

この中で竹内さんが言及されている学生時代に僕が書いたというレポート、

古い話なのでほとんど記憶にないのですが、

そういえば、鈴木清順の『東京流れ者』についてテマティスムを用いて書いたなあ、というのを思い出しました。

テマティスムとはそうですね、

とりあえず、反復される細部を切り口に作品について考えるテクニック、とでもしておきましょうか。

例えば夏目漱石といえば「横たわること」、『ひぐらしの鳴く頃に』なら「幼女が森の中を走り転ぶこと」などが切り口になったりします。

そして、竹内さんがブログでご指摘のとおり『或いは魂の止まり木』という戯曲は「反復とズレ」によって成り立っています。

むしろ、この戯曲には「反復とズレ」しかないといっても過言ではありません。

何が言いたいかというと、

僕の手の内は学生の頃から大して変わってねーなということです。

 

写真は先日、近畿大学の演劇部覇王樹座に公演の情宣に行った時のものです。

僕はここのOBなんですが、近大に行ってなかったら竹内さんと出会うこともなかったわけで、改めて母校には感謝したいですね。

 

 

≪第21回OMS戯曲賞大賞受賞作品≫ A級MissingLink第23回公演

『或いは魂の止まり木』 作:土橋淳志/演出:竹内銃一郎

【出演】 松原一純 細見聡秀 松嵜佑一 林田あゆみ 伊藤結 保 筒井加寿子(ルドルフ) 武田操美(劇団鉛乃文檎) 川末敦(スクエア)

【日時】 2016年7月15日(金)〜18日(月祝) *全6ステージ 15日(金)19:30 16日(土)14:00☆/19:00 17日(日)11:00☆/15:00 18日(月祝)15:00 *開場は開演の30分前、受付開始は40分前 *未就学児童の入場はご遠慮いただいております。 *☆の回は、終演後にアフタートークがございます。 16日(土)14:00の回 水沼健(演出家・劇作家・俳優 壁ノ花団/MONO) 17日(日)11:00の回 小暮宣雄(京都橘大学 現代ビジネス学部都市環境デザイン学科)

【会場】 AI・HALL 〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4-1 TEL=072-782-2000 URL=http://www.aihall.com

【料金】 一般=前売3,000円/当日3,300円 ペアチケット=5,000円(前売・予約のみ) シニア料金=前売2,700円/当日3,000円(60歳以上、要証明書) 学生=前売1,500円/当日1,800円(要学生証) *日時指定、全席自由

 

チケット予約URL http://ticket.corich.jp/apply/73179/005/

スポンサーサイト

コメント