スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Jリーグ順位予想 中間報告

    予想   8/23現在
1位 G大阪  →浦和
 2位 浦和   →G大阪
 3位 川崎   →鹿島
 4位 清水   →新潟
 5位 磐田   →横浜М
 6位 名古屋  →清水
 7位 柏    →柏
 8位 鹿島   →川崎  
 9位 大分   →磐田
10位 新潟   →神戸
11位 横浜M  →名古屋
12位 千葉   →広島
13位 広島   →FC東京
14位 神戸   →千葉
15位 甲府   →甲府
16位 FC東京 →大分
17位 大宮   →大宮
18位 横浜FC →横浜FC

予想を大きく裏切ったのは新潟の躍進と大分の低迷。新潟は外人が当たり+勢い。大分は外人が外れ+ボランチが固定できなかったのが痛かった。
川崎の低迷も驚き。昨年と比べて何かが大きく変わったわけでもないのに取りこぼしが多い。やはりACLの影響か。
鹿島と横浜Mは思ったより立ち直りが早かった。さすが名門。
あくまで途中経過なので最終順位はまだわかりませんが。川崎あたりは順位を上げてきそうだし、新潟は研究されてからが勝負。
優勝争いはやっぱりG大阪か浦和と予想。鹿島も調子を上げてきてるけどFWの質では明らかに見劣りする。浦和はACLのハンデ付きなんだからガンバには是非とも優勝してほしい。頼むから。

コメントれす↓

カゲロー様
アニメは洋画の吹き替えとは訳が違うからねえ。
CCレモンのCMではオリジナルメンバー使ってたのに。
とにかく話題作りのためか知らんけどいらんことせんといてほしいわ。

ON様
お久しぶり。
シンプソンズに関してはお前が師匠やな。
またビデオ貸してくれよ。
俺は最悪字幕版見に行くかも。





アジア杯 サウジアラビア戦

負けた。
ショックだ。
3失点って。
オシムのサッカーは攻撃に人数かけるからリスキーなのは分かってたけど。
とられ方がちょっと淡泊すぎる。
今さら一人余らせる3バックに戻るのはあり得ないとして、
二枚で守れるCBを早く育てないと今後も厳しいかも。
阿部がそこまで育つかはちょっと疑問。
選手交代も少し遅かった。
ただ切り札になるような選手がベンチにいなかったのもある。
サウジも日本をかなり研究していた。
SBの裏のスペース使われてたし。
日本はどちらかというと相手に合わせるのではなくて自分たちの良さを出そうとしてた。
それで負けたのなら仕方ない。

とりあえずまだオシムを信じてます。



コメントれす↓
ウメ様
確かに前回のアジア杯のイメージはありましたね。
川口がPK止めたり。
ただ準決勝での奇跡の逆転が再現されなかったのは非常に残念です。
前大会を振り返ると今大会、ドリブルで仕掛けてFKやCKをもらえる選手がいても良かったのではと思います。
まあそんなサッカーをオシムはよしとしないのでしょうが。
GKに関しては現時点で川口というチョイスは間違ってないと思います。
楢崎も悪くないですがどうせなら川島に期待したい。
オシムがPK戦を見ないことに関しては今に始まったことじゃないので諦めてます。
ほんとは見てほしいけど。

アジア杯 オーストラリア戦

遠藤のPKにしびれた。格好良すぎ。
ライブでは最後の最後しか見れなかったけど。
ちなみにPK戦で日本代表の選手が出てきた時の感想は、
一人目 中村、前回のアジア杯の失敗が頭をよぎる→成功
二人目 遠藤、一昨年のナビスコ杯の失敗が頭をよぎる→成功
三人目 駒野、比較的若手ので心配する→成功
四人目 高原、今大会絶好調なので安心→失敗!?
五人目 中澤、足元が巧いイメージないので心配する→成功!

それにしても川口は頼りになると思った。
特にアジア杯で。

Jリーグ、今年の最終順位予想

公演で忙しかったので後だし気味ですが。自信あります。
 順位 チーム  寸評
 1位 G大阪  死角なし。
 2位 浦和   外国籍選手が強烈。選手層が厚い。
 3位 川崎   完成度が高い。ACLで早期敗退すれば。
 4位 清水   若くていいチームだが経験不足。
 5位 磐田   ポテンシャルは高いがFWが微妙。  
 6位 名古屋  最終的にこのあたりで落ち着くはず。
 7位 柏    フランサが研究されてからが勝負。
 8位 鹿島   ダニーロにいつ見切りをつけるのか。   
 9位 大分   欲張らないチーム。手堅く中位。
10位 新潟   組織力は高いが個の力に限界。
11位 横浜   お金があるから降格はしないと思う。
12位 千葉   阿部、坂本、ハースの穴が埋まらない。
13位 広島   ボランチばかりのCBが怖い。
14位 神戸   降格争いの経験は豊富。
15位 甲府   方針を貫くとすればアルベルト次第。
16位 FC東京 若いチームだけに立ち直れ得るか。
17位 大宮   外国籍FWが活躍しないと厳しい。
18位 横浜FC 守備的すぎる。久保と奥が故障したら…。

選手名鑑

今日は発売になったばかりの週間サッカーダイジェスト増刊号、2007Jリーグ選手名鑑を早速購入した。毎年これを熟読して選手の名前と顔と特徴を頭の中に叩き込み開幕に備えるのが恒例行事になっている。各チームの戦力を吟味しリーグ戦の行方に思いを馳せるのだ。そのうちここにも年間順位予想を発表するつもりなのでごく一部サッカーファンは楽しみにしていてほしい。もちろん優勝はガンバ大阪に決まっているけどね。(^_^)/

ガンバ大阪、今年の補強

私見でガンバ大阪の今年の補強は100点満点で70点といったところだ。マグノや播戸など計算できるFW陣に敢えてバレーを獲得。補強にも攻撃的な姿勢が現れていてさすがガンバといいたいところだが、バレーがガンバの高度なパスサッカーに馴染めるかはやや気がかりだ。豪快なドリブルからシュートなどフィジカル頼みの印象が強い。孤立しなけりゃいいけど。
あとセンターバックの駒がやはり不足している。3バックなら山口とジジクレイと中澤。4バックならジジクレイと中澤で山口はサイドに回るだろう。やはり不安は拭えない。年齢による衰えが指摘されているジジクレイがどこまで出来るか。2年前までは宮本の代表などでの不在の折にリベロで宮本以上の働きをみせていた。その再現を期待したい。あとは中澤がどこまで使いものになるかに懸かっている。
正直、もうちょっと補強については頑張ってほしかった。現有戦力でいけるという自信があったのかもしれないが、優勝への意気込みや話題性などの面でも浦和やFC東京に一歩遅れをとったことは否めない。

ツネ様、ザルツブルク移籍!

我らがツネ様(元日本代表DF宮本恒靖)がオーストラリアに旅立った。ザルツブルクというクラブに移籍が決まったからだ。僕としてはとても複雑な心境にある。長年ガンバの守備陣を率いてきたツネ様が移籍してしまうのは確かに淋しい。しかしツネ様には土壇場でやらかす印象があったのも事実で。終了間際にPKとられたり、マークがずれたり。なのでもしかするとツネ様が移籍してかえってガンバが強くなるのではと思っていなこともない。だから非常に複雑なのだ。
さて話は変わってチラ見したザルツブルクの選手のリストにはいくつか知った名前が。リンケやロクベンツ、ニコ・コバチなど。海外サッカーに疎い僕にもわかる代表クラスの選手がいるくらいだから結構強いクラブなのかもしれない。監督はあのトラパットーニだし。ツネ様大丈夫かなあ(特にフィジカル面)という心配もあるが、とにかく新天地での活躍を期待したい。ツネ様は英語も堪能だしバーゼルの中田の例もあるから意外と通用するかもしれない。

さらばフェルナンジーニョ

フェルナンジーニョがガンバを退団するらしい。リーグ終盤、ベンチにも入ってないなと思っていたら完全に西野監督の構想から外れていたそうだ。チーム戦術との兼ね合いか、また監督との関係に軋轢があったのかはよくわからない。確かにボールを持ちすぎるきらいはあった。試合を観にいっても、もう少し早くパスを出せば他の選手がフリーだったのにとやきもきしたのを思い出す。
でもいつも観客を沸かせるのも彼だった。ドリブルで突っかかって一人抜き二人抜き三人目で潰される。それでもまたボールを持てば突っかかっていく。そのひたむきさが結構好きだった。ただ自分勝手なだけなのかもしれないけど。組織的なガンバのサッカーの中で個人技に走る異色の存在。
僕がサッカーを好きなのは論理を越えた個の力に時折出会えるからだ。一人で三人抜いてゴールを決めてしまうような、そんな瞬間に。彼のドリブルにはもしかしたらそんな瞬間が訪れるのではないかという予感があった。そして時々あった。時々がミソなのだけど。
さらばフェルナンジーニョ。

と思ったら宮本がオーストリアのリーグに移籍するらしい。びっくりだ。
この件についてはまた後日。


遅くなりましたがコメントレスです↓

ナタ出様
もちろん意識してますよ。でもほんと僕が若かりし頃にうろちょろしてた場所とかぶってるんですよね。いつか「くるりベストの写真の場所を巡るツアー」を企画したいところです。

カゲロー様
パラダイスですよね。昔、探偵ナイトスクープで取り上げられてました。

Jリーグの話題

おお、Jリーグの話題に二つもコメントが。
なので早速れすします。

コメントれす↓
taichiro ito様
あれ、itoさんって桜サポでしたっけ? ご愁傷様です。
まずセレッソは外国人選手のスカウティングを何とかした方がいいですね。近年酷いですよ。当たったのはファビーニョとブルーノ・クアドロスぐらいじゃないですか。あと今年はボランチを固定できなかったのが致命的でしたね。前にはタレントが揃っているのに生かしきれてなかったのが残念です。
来年はいっそのこと育成も含めて若手中心で挑んではどうでしょう。いつまでもアキやモリシに頼るのはちょっとね。モリシも昔に比べて明らかに運動量落ちてきてますし。せっかくなんで長期的なプランでチーム作りをした方がいいのではと思います。僭越ながら。
なので今からストーブリーグが気になります。

しかばんび音響様
お久しぶりです。W杯を一緒に見て以来ですかね。お元気ですか?
最終戦に限っていえばそうですね。シジクレイがポンテに振り切られた時点で勝負あったと思います。もともとジジクレイはストッパーの適正が微妙なので。今までだましだましやってきたところが土壇場で綻んだというのが僕の感想です。宮本については…、そういうやつなんですよ。まあガンバというチーム自体まだまだ精神的に弱いので。でないとFC東京戦の逆転負けとかありえないっす。なので来年は精神的支柱になりうるような闘将系のベテラン選手(かつてのドゥンガような)を補強するって手もありますが。今のJリーグにいるかどうか。まあ強さと脆さを兼ね備えているのがガンバのチームカラーといったらチームカラーですからね。



ガンバ三位、浦和レッズ優勝

やっぱりな。今のレッズ相手に三点差以上で勝つなんて至難の業だと思っていた。しかもアウウェーで。まああれだけのメンツを揃えていたら優勝以外ないと思うけど。
ガンバはどこで歯車が狂ったのか。アラウージョと大黒が抜けたとはいえマグノと播戸が1年目ということをふまえれば期待以上の活躍を見せたし、長年の懸案だった右サイドには加地という補強は的確だったと思う。システムも3バックと4バックを状況によって使い分けるなどチームとしての柔軟性は昨年以上に高かった。
敗因を挙げるならやはり後半戦に怪我人が続出したことか。遠藤と播戸の離脱は痛かった。フェルナンジーニョも今年はぱっとしなかったし。浦和も怪我人が多かったけど選手層がガンバよりも厚いのでそれほど失速しなかったように思う。
あとはセンターバック。シジクレイ、宮本、山口、この三人俺は好きだけど(はらはらドキドキ感が)、堀ノ内、闘莉王、坪井の三人の方が人に強く見ていて憎たらしいくらい安定していた。チームスタイルの違いもあると思うけど、来年補強するならセンターバックかな。
とりあえず岡本さんおめでとう。田中は今年ぱっとしなかったけどね。
あと2位の川崎がアジアチャンピオンズリーグ出場って、せめて引き分けたかった…。