スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

芸術劇場

100513_2231~01.jpg
そういえば今日の夜、23時からNHK教育で放送される芸術劇場に劇団員の松原が出演しています。
ロルカの『血の婚礼』です。
よかったら見てみてください。

AFCチャンピオンズリーグ2010 決勝トーナメント1回戦

AFCチャンピオンズリーグ2010 ラウンド16

城南一和天馬(韓国) 3−0 ガンバ大阪  [城南]

今日はワールドカップ南アフリカ大会の日本代表発表について何か書くぞと思っていたのに、やる気を失った。チーム状況から考えて厳しいとは思ってはいたが、昨年末の鹿島戦以来のショッキングな敗戦。
前半、半ばくらいに不可解な判定(城南の選手が勝手に転んだのにファール取られたり)が二回ほど続いたお陰でガンバの選手が「こりゃ迂闊に接触プレーにいけないぞ」という雰囲気に。もともと安定感のない守備が更にナイーブになり、一方的に押し込まれる。352の時点で前半は守備的に入るつもりだったと思うけど、あれだけボールを回されたら体力的にきつい。が、相手の決定力の無さに助けられ0−0で前半終了。
後半立ち上がり、高木アウトで平井投入。システムを4231に変更したとたんガンバの攻撃にリズムが生まれ圧倒的にボールを支配。一方、城南は単調な放り込みに終始し攻め手を失った模様。ここで決めておきたかった。
そして後半29分、攻め上がった安田の裏を突かれ明神がPK献上。先制点を許す。
やっと流れを掴みかけた中でのこの失点は痛かった。以降、気落ちしたのか疲労からか運動量が少しづつ落ち始める。
後半39分、左サイドを起点にパスワークで崩され2失点目。守備の連携不足からかゴール前がポッカリ空いてしまった。
そして後半ロスタイム、ペナルティエリア付近で山口がファウルをとられ、FKから3失点目。
そして試合終了。
ガンバ、ほとんどいいところが無かったんじゃないか。
流れの中からの得点はともかく(今日はそんな贅沢言ってられない)、セットプレーから得点の匂いがしないのはかなり重症だ。遠藤と山口が本調子じゃないのはわかってるけど。
城南はプレスが前線から早く、荒いピッチも手伝って今のガンバにはきつい相手だった。元甲府のラドンチッチも強烈。
とにかく今日は完敗でした。
ハッシー早く帰ってきてくれ。

いつの間にか五月になってました

お久しぶりです。
相変わらずブログの更新が滞ってましたが何もボーっとしていたわけではありません。
脚本を書いていたのです。
五月末にウイングフィールドで公演をします。
一時間弱の短編です。
もし良かったら見に来て下さい。


ウイングフィールドのりうち企画その59
第2回むりやり堺筋線演劇祭
A級MissingLink トライアウト

『蒼天、神を殺すにはいい日だ』

【作・演出】
土橋淳志

【出演】
横田江美
松原一純
細見聡秀

阪田愛子(劇想空飛ぶ猫)
吉田圭佑
渡辺健太郎(GiantGrammy)

【日時】
2010年5月
28日(金) 19:30
29日(土) 14:00/17:00

※計3ステージ
※開場は開演の15分前、受付開始は30分前。

【会場】
ウイングフィールド
〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋2-1-27 周防町ウイングス6F TEL:06-6211-8427

【料金】
1,500円
日時指定割引 1,200円(公演の前日まで取扱)
 
【スタッフ】
音響:奥村朋代(GEKKEN staff room)
制作協力:安部祥子

【協力】
寺岡永泰 海老澤美幸 尾崎商店 ウイングフィールド


ご予約は、relaxopenenjoy@ezweb以下略(土橋)まで。
ご来場お待ちしております。


あくまで私的な

15日のゼミナールのあくまで私的な感想ですが、19世紀から20世紀にかけてあらゆる分野で起こった大きな変化をふまえると、松田さんのある時期からの作風の変化というのはむしろ必然ではないかという認識がもっと広く共有されないと議論が先に進まないのではということ。
そして、その共有を前提とした上でその必然の必然性についての話をしたいし聞きたい。
他にもいろいろありますが、まずはここからでないか。

劇的120分、終わりました

お陰さまでダイブ春季ゼミナール、無事に終了致しました。
ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。
各回とも盛況で充実したゼミナールになったと思います。
僕もこういう企画に今後とも関わらせて頂きたいなと思いました。

祝 ACLグループリーグ突破

 ■Group G
G大阪 2 - 1 水原 (19:00/万博/12,311人)
得点者:58' モタ(水原)、61' 二川孝広(G大阪)、90+2' 宇佐美貴史(G大阪)
※G大阪はグループリーグ突破が決定。

録画で観戦。
怪我人だらけでボロボロのガンバ。
あのメンバーで良く勝てたなが率直な感想。
二川がキレキレだった。
何本極上のパス通せば気がすむんだと。
そしてあのゴール。
堪りません。
そして宇佐美もさすが大したもんだ。
この調子で若手が育ってくれたら嬉しい。
明神が過労死しないか心配だけど。

パーティー

100330_2154~0001.jpg
昨日、OMS戯曲賞の出版記念パーティーがありまして。
劇団員や客演さん、スタッフさん、多くの方々がお祝いに駆けつけてくださいました。
そして楽しいお酒を飲みました。
ちなみに本は今後公演の際に受付で販売する予定です。
皆さん、買ってください。

UBU ROI

100326_1559~02.jpg
先ほどマレビトの会さんのゲネプロを拝見させてもらいました。
やっぱり面白かったです。
まあ、あのメンバーですからね。
それにしても『ユビュ王』はユーモアと批評性を兼ね備えた非常に良質なテキストだと思いました。
翻訳ものですがもしかすると全ての戯曲の中で僕が一番好きな作品かもしれません。
よかったら皆さんも見に行ってみてください。

UBU ROI

告知その△任后
今週末、先ほどお知らせしたDIVE春季ゼミナール講師の一人、松田正隆さんの演出する公演があります。
先月、うちの劇団員の松原も客演させて頂いたマレビトの会です。
テキストはアルフレッド・ジャリの『ユビュ王』。
とんでもない戯曲です。
前にトイガーデンが上演したときは衝撃でした。
松田さんがどんな演出をされるのか楽しみです。
みなさんもしよろしければ見に行ってみてください。

============================
マレビトの会
<戯曲との出会い>シリーズ vol.2
『UBU ROI』(ユビュ王)
============================

ユビュ親父(ごまのはえ)はユビュおっ母(サリngROCK)にそそのかされ、ボル デュール大尉(F.ジャパン)と結託、王を暗殺する。王位を手に入れたユビュ親父は、貴族たちを次々と処刑。続いて桁外れな税金を徴収し、ボルデュール大尉を投獄する。しかし、そんな政権も長続きせず、ボルデュール大尉は脱獄し、亡き王の従兄ロ シア皇帝とともに、ブーグルラス王子(王家の生き残り/筒井潤)と王位奪還の ために兵を挙げる。ユビュ親父も兵を挙げ戦場へ向かうが、追いつめられたユビュ親父は逃げ出して しまう。新たな土地を目指して出発するユビュ親父たちの行く先は―――。

作:アルフレッド・ジャリ(翻訳:窪田般彌)
演出:松田正隆

出演:F.ジャパン(劇団衛星)、桐澤千晶、ごまのはえ(ニットキャップシア ター)、サリngROCK(突劇金魚)、筒井潤(dracom)

日時:
2010年3月26日(金)19:00開演
          27日(土)14:00開演★、19:00開演
          28日(日)14:00開演
 ★終演後トークあり(ゲスト:松井周[サンプル主宰])

会場:アートコンプレックス1928
   http://www.artcomplex.net/ac1928/access.html

料金:一般2500円、学生・ユース1500円(当日500円増し)


主催・問合せ:マレビトの会
       TEL&FAX 075-708-8025
       MAIL info@marebito.org

助成:日本芸術文化振興基金 舞台芸術振興事業
   財団法人 セゾン文化財団
   京都芸術センター制作支援事業

公演情報・ネット予約はコチラ↓↓
http://www.marebito.org/news.html#UBUROI

タイブ春季ゼミナール

告知です。
A級MssingLinkも所属している大阪現代舞台芸術協会が主催する春季ゼミナールが4月あります。
僕も企画段階からお手伝いさせて頂いてます。
すごく面白くなりそうなので是非ご参加ください。

DIVE春季ゼミナール 劇的120分

このたびDIVEでは4人のドラマティストをお招きし、4日間の講義を開催します。
一流の講師陣による劇的な120分。
4講座すべて受講された方には修了証をお渡しします。

■会場
ウイングフィールド
筺06-6211-8427

■スケジュール
4/13(火) 内藤裕敬『お馬鹿屋敷へようこそ』
4/14(水) 深津篤史『演出家の仕事』
4/15(木) 松田正隆『対話〜松田正隆の仕事』
4/16(金) 松本雄吉『イキシマを語る』

各講座とも19:30〜21:30(19:00受付開始)

■料金
各回 1200円(DIVE加盟劇団1000円 学生500円)

詳細はHPにて
http://www.ocpa-dive.com/ws_2010.htm