スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アナログ人間

制作の幸野氏に勧められてタイトルで検索してみたところ、先日の公演に対する劇評や感想がたくさん出てきたので驚きました。良くも悪くも反響があるというのは嬉しいですね。
そして、そろそろ僕もパソコンを買ってアナログ人間からの脱却をはからねばと思いました。
ちなみに未だ脚本はシャープの書院で、このブログは携帯から更新しております。

テレンス・マリック『ニュー・ワールド』

ある方から今やってる映画の中で土橋くんのお勧めは?と問われたので『ニュー・ワールド』と即答したところ「それは観に行く候補に入ってないな」と返されてしまい少し寂しかった。
皆さん、『ニュー・ワールド』お勧めですよ。監督は寡作で有名なテレンス・マリック。前作『シン・レッド・ライン』が凄かったのでかなり期待して見に行ったのですが、予想以上の面白さに度肝を抜かれましたよ。ええ、はい。早くも今年度ナンバーワンが現れました。
風に揺れる草、小川のせせらぎ、流れる雲、マリックが撮るとなぜこんなにもいいのかなあという感じです。人間の描き方も独特で、描こうとしていないというか、異常に突き放したところから人も草も川も同じように視ているような。それがとても気持ちいいですね。
一人でも多くの人に映画館で観てほしいです。なぜ映画館かというと映像に加えて音響も素晴らしいからです。
とにかく『ニュー・ワールド』、お勧めです!

古墳

水曜日の夜中にやってる古墳が主人公の変なCGアニメ、いつもつい見てしまう…。
DVD出てないかなあ、こんどTSUTAYAで探してみよっと。

サッカー、任されたのでとりあえず

仕事で観れなかったので詳しいことはわからないがホームで1.5軍のブルガリアに負けたらしい。今大会、期待はしないつもりだが本番に向けてますます不安が募る。
勝敗以上に気になったのは遠藤が352のトップ下で先発していた点だ。今更一体何を試したかったのか? いざとなったら本番で遠藤をこのポジションで使うつもりなのか? ありえないと思いながらも遠藤ファンの俺は気が気ではない。
とりあえず土曜日のスコットランド戦は録画しようと思う。

結婚式に行って参りました

GW後半は高校時代の友人の結婚式で東京まで行って参りました。今はその帰り道。
挙式が国際基督教大学のキャンパスにある教会で行われたのですが、国基大といえば僕の好きな小説家、奥泉光の出身校で小説の舞台にも何度かなっているので思いのほかテンションが上がってしまいミーハーな自分を再確認したり。
あとはパイプオルガンの演奏に圧倒されました。さすがキリスト教、こんな楽器をつくるなんて伊達に世界宗教になってないなという感じです。
もちろん新郎新婦のお二人も最高に素敵でした。末永くお幸せに。人が祝福したりされたりするのはいいものだなと柄にもなく思いましたよ。